SEOとサイト内外リンクの効果

WEBサイトにおけるリンクには外部リンクと内部リンクとがあります。
前者は他のサイト間で張られたリンクで、後者は自分のサイト内のページ間で張られたリンクのことです。
いずれもSEOには大きな影響を持っておりますので基本的なポイントをおさえておきましょう。
まず外部リンクですが、かつてはより多くのサイトからたくさんリンクを張られていれば検索エンジンの評価が上がっていたためサイトを量産してアクセスを送る手法が流行っていた時代がありましたが、現在ではリンクを張っているサイトの質が評価されるためこうした手法のSEO効果は大幅に下がっております。
もちろん質の高いサイト間でのリンクであればプラス要因になりますので、相互リンクは慎重にということですね。
一方、内部リンクはインデックスの高速化と効率化が期待できます。
検索エンジンはwebサイトを巡回してページをインデックスしてゆきますが、1回巡回しただけでは十分に回収しきれない場合が多いです。
内部リンクが最適化されたサイトの場合はページ内のリンクを辿って同じページを複数回巡回するため、漏れが少なくなりより効率的に回収やすくなるとういう仕組みですね。
もちろん、人間がそのサイトを利用する上で分かりやすい目次やパンくずリストを配置してユーザビリティを上げることもリピート率の向上につながりますので、それ自体が有効なSEO対策ともなるでしょう。