テキストリンクの記述とSEOのテクニック

SEOの効果向上ためにはサイト内の文章でキーワードに気を使う必要がありますが、これはサイト外でも同様です。
検索エンジンはそのサイトがどういったキーワードで検索されているかということだけでなく、どういったキーワードで他のサイトからリンクを張られているのかという点も評価しているからです。
例えばチャーハンに関するキーワードで書かれたサイトAに対してリンクを張っているサイトBがあったとして、サイトBがテキストからリンクを送る場合は<ahref="サイトAのURL">中華料理</a>よりも、<ahref="サイトAのURL">チャーハン</a>と記述して送った方がキーワードのマッチング率が上がる分SEOの効果は高いといえます。
このように複数の関連サイト間やサイト内リンクをテキストから送る場合にはそのテキストにそのサイトが主張しているテーマやキーワードを含めることがポイントとなります。
また、その際には適度な長さかつ詳細な記述をするよより効果的です。
例えばチャーハンというキーワードだけでは競合が多いので、ワインに合うカモ肉を使った炒飯といった具合に詳細に記述すれば競合はかなり減らすことができるでしょう。
なお鴨=カモ、チャーハン=炒飯のようにあえて使う人が少なそうな漢字やカタカナで書くことも競合が少ない表現をするテクニックの1つです。